大阪の英会話スクールを注意して選び、発音を学んで上達しよう

英会話

翻訳ツールに頼らない英語教育を!

二人の男性

2020年のオリンピックに向けて連日のようにニュースが流れています。その中でも気になったニュースがあります。「メガホンヤク」という機械があります。これは防災グッズとして開発されたものでドラえもんの翻訳こんにゃくからアイデアを得ています。日本語で話すとその内容が英語・韓国語・中国語などに翻訳されてメガホンから聞こえるというものです。オリンピックに向けてこの手の翻訳ツールで海外からの旅行客をおもてなししましょうという流れになっています。しかし機会を通して外国の方と会話することが本当におもてなしになるのでしょうか?日本人は最低でも中学で3年間、高校でも3年間英語を勉強しています。全く話せないわけではありません。多少片言でもいいので一生懸命英語を話すことが大切だと思うのです。オリンピックは本当にそういった意味では英語を話せるようになりたいと思うモチベーションを上げるのにいい機会だと思います。まずは自分の普段の生活での会話をちょっとずつ英語に替えてみると良いと思います。よく英会話の勉強でありがちなのがテキストなどで勉強して自分が使わないであろうタイプの英文から勉強してしまう事です。英語は毎日のように使っていくと次第に口の筋肉が覚えてくれます。まず自分が話す会話から英語に替えてみませんか?

RECOMMENDED CONTENTS

INFORMATION

POST LIST

TOP