大阪の英会話スクールを注意して選び、発音を学んで上達しよう

英会話

英会話での話す・聞く

勉強

現在日本の学校での英語の教え方は、まだまだ文法や単語をひたすら覚え、書ける、読める理解できるようにすることがメインです。
随分変わりつつあるようですが、授業を受けていれば「英語が話せるようになる」わけではありません。
中には勉強が得意で、覚えた文法で少しくらい会話ができる子もいますが、たとえテストの点数は平均でも、やはり話すことを練習している子のほうが、英会話はできるのです。
「書くこと」「読めること」、と「話せること」「聞き取れること」は別物です。英会話において大切なことは、恥ずかしがらないで声にだすこと、たくさん英語を聴くことです。
もちろん、文法や単語を覚えることも大切です。声に出して、話す練習をしなければ、絶対にスムーズに会話はできるようにはなりません。産まれたときは全く話せない赤ちゃんが、話せるようになるのと同じです。間違っても、発音できていなくても、声に出して練習しているうちにできるようになるのです。
一方、聞き取れるようになるためには、たくさん英語を聴くことが大切ですが、同時に単語を覚えていくことも必要です。
話せる日本語であっても、全く聞いたこともない、意味も知らない言葉は聞き取れない、もしくは音として聞き取れても使えません。ですから、英会話の勉強において、子どもの頃授業で学んだ文法、単語、書き取り、こういった勉強だけでなく、話すための練習、聞くための練習も重要なのです。

RECOMMENDED CONTENTS

INFORMATION

POST LIST

TOP